安全なレーシックを求めている全ての方へ

安全なレーシックを求めている全ての方へ

<安全なレーシックを求めている全ての方へ>ではとってもわかりやすくレーシックに関する情報をお届けしています。
見逃すことのできないお役立ち情報を是非参考にしてみてください。時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。

 

まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。

 

近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。

オフィス移転の案内
http://www.zeroin.co.jp/
オフィス移転




安全なレーシックを求めている全ての方へブログ:20190119
減量中でも
「ビールが飲みたい」とか
「ビールを飲まなきゃいけない機会」ってありますよね?

もちろん減量中は、
ビールを飲まないに越したことは無いですけど、
誘われたり、どうしても飲みたくなっちゃう時だってありますよね。
そんな時は仕方ありません、飲んじゃいましょう!

減量中のビールは
飲んだ後が大事です!

ビールを飲んだ後って、腹がすきませんか?
ついつい塩ラーメンやケーキなんかを
バカ食いしてしまいがち…ですが、
ここが減量の成功と失敗のわかれめ!

ビールを飲んだ後って
どうして腹がすくのかというと…
・アルコールの食欲促進作用
・飲酒に伴う体内の糖質減少
…という2つの理由が考えられます。

糖質が減ってる上に食欲が促進されちゃえば、
そりゃあ塩ラーメンやらケーキが欲しくなるのは
当然ですね。

しかし、ここはグッと我慢。
一気に減量挫折コースにいかないためにも
頑張りどころなんです。

どうしても何か食べたい人は、
油分を控えた穀類などなら食べてもOK。

具体的には、
お茶漬けやおにぎりなんかだったら一杯(一個)ぐらいなら、
ボーダーラインでセーフですね。

焼肉屋さんによくあるご飯類は、
考え方によってはOKって事になりますよね。

他にも
バナナや果物ジュースなんかも
腹持ちがいいのでアリです。

穀類やバナナなどは血糖値の上昇につながりやすく、
すぐに腹の空腹感も落ちつくので、
減量中にはありがたいですね。

ビールを飲んだ後だけじゃなくて、
連日の食生活でも同じですよ!

減量中はビールは飲まないのがベストですが、
飲んでしまった後は、
こうしたフォローを上手にしてみましょう!



安全なレーシックを求めている全ての方へ モバイルはこちら