比較的安全性の高いレーシック手術

日本国内におきまして、レーシック手術による失明の報告はされていませんが、失敗のリスクが全く無いというワケではありません。
将来的に合併症などの心配を指摘する意見もあり、日本での治療の普及はまさにこれからなのかもしれません。

 

レーシックというのは眼科の専門医によって適正な手術をしてもらうことで、非常に安全に進めていくことが出来ます。
手術を受ける時には眼科専門医で最新の治療機器が充実しており、さらにアフターフォローもしっかりしているクリニックを選ぶようにしましょう。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシックに注目が集まってきているその背景には非常に高い安全性というものが第一に挙げられます。
しかしその一方ではまだまだレーザー治療についての不安を抱えている人は大勢います。

 



比較的安全性の高いレーシック手術ブログ:20181218

文明が発達したおかげで、
オレたち人間は、
どうしても10時食を食べざるをえなくなった。

そのために1日3食になってしまい、
その結果、ご飯の量が増えて、
それがご飯過剰になり、内臓は疲労しきって、
病気を発症してしまう…

人間の体は元々は1日1食であり、
文明が始まると共に1日2食になった。

発達した文明を維持するために
1日3食にすれば、
脳に栄養が送り届けられるが、
内臓が疲労しきってしまうのである。

お母さんとしては
息子がたくさん食べ物を食べてくれれば
健康に育ってくれると思ってしまいがちだが、
現実はそうではない。

1日3食で大食いしていたら、
確実に病気になるし、バカになってしまう。

我が子を健康にしたいのなら、
1日2食半に抑え、
1日の内、1食だけ多目に出せばいい。

平日は夕食を多目に出し、
休日は14時食を多目に出せば、
息子は内臓を疲労することなく健康に育ち、
高い知能を発揮できるようになる。

お母さんにしても
1日3回もご飯を作っていたら、
疲れ切ってしまう…

お母さん自身が疲れ切っているために
料理がワンパターンになり、
挙句の果てはお惣菜を買ってきたり、
レトルト食品や冷凍食品やインスタント食品で
済ましてしまうようになる。

そのようなご飯をしていれば、
息子の健康に悪影響が出て来るのは必至。

それに1日3食だと
食費だって高くつき、家計を圧迫してくる。

食費を多く出して
家族が健康になってくれれば、
その出費は有効であろうが、
出費が多いのに家庭内で病人が続出では
その出費は削減した方がいいのである。

家計が苦しいという前に、
1日3食のご飯パターンを改めるべきだと思う。